IPSA公式2021年家族療法トレーニングコース入門講座【オンライン受講】

保存する
悩み・疾患・障害:
療法・支援方法・検査:
  • 家族療法

家族療法は、単なる複数人の家族成員との合同面接ではなく、システム論や社会構成主義、コミュニケーション理論などに基づく「コミュニケーションの相互作用」にフォーカスしたアプローチです。

公認心理師の業務として「関係者への面接」も含まれることが、公認心理師法に明記されています。元来、心理療法では1対1の形式が主流であったため、あまり親子や家族、夫婦など複数人の面接は想定されておらず、トレーニングも限定されていました。ですが、実際の生活場面・社会場面を考えると、ひとの心や精神症状は独立して存在するものではなく、人間関係が必ず関わっています。家族療法では、そういった家族や夫婦などを代表とした人間関係のコミュニケーションに変化を起こすことで、結果的にひとの心や精神症状、問題(とされていること)にも変化を起こすことを目指します。
家族療法の考え方やスキルは、決して家族面接にとどまらず、通常の個人面接での多面的な視点につながることでしょう。

開催概要

トレーニング名 2021年家族療法トレーニングコース入門講座【オンライン受講】
講師 講師名 浅井伸彦
職位 IPSA代表理事、大阪芸術大学非常勤講師
資格 公認心理師、臨床心理士、保育士
サブ講師 松本健輔(大阪のみ)
主催団体 一般社団法人国際心理支援協会
責任者 浅井伸彦
担当者 高橋賢
レベル 入門
オリジナルの
レベル
入門
開催地域 ウェビナー
期間 2日間
開催頻度 年1回(各地)
参加費 2日間あたり9,500 円(税込)
参加条件 公認心理師、臨床心理士、医師、精神保健福祉士、社会福祉士など対人援助に関する資格を持つか、対人援助職に就いている者。
備考
取得できる資格 なし
期待できる技能習得 家族療法の基礎知識や概要
ポイント 臨床心理士ポイント

お申し込み

研修の各日程や詳細、お申し込みは、以下をご覧ください。

お申し込みページへ移動する
※ 別サイトへ移動します


←他のトレーニングを探す